私たちのあゆみ
TOP

ナースのストーリー

今月のトピックス

私たちの病院

私たちの看護部

私たちのあゆみ

仲間をつくる

病院のページ

看護師募集

当院だからできること

望む「あゆみ」をサポートします

高齢社会がますます進む中で、看護師に求められる役割やスキルは多様になってきています。当院は、健康寿命を支える関係機関(保健・医療・福祉)の中で、医療の分野を担ってネットワークの中心的な役割を果たし、看護師たちは社会の変化や人々の価値観の変容に応じて、日々新しい取り組みにチャレンジしてきました。 高齢患者さんの多い当院で、やさしい気持ちを持って患者さんのニーズに応じ、地域住民の暮らしを護るためには、看護職員が前向きな気持ちで活き活き働ける職場をつくることが先決だという考えます。だから「老年看護で感じられるやりがい」「看護の専門性を発揮している実感」をめざした新たな取り組みも計画中。一歩ずつ着実に、それぞれが望む看護師への「あゆみ」ができるようサポートしたいと考えています。

新人教育

手と目を使って看護が出来るように

新人看護師には、患者さんとコミュニケーションを図り、体に触れて五感を使って身体アセスメントができるスキルを磨くとともに、高齢者の特性を踏まえた看護が提供できる学びを強化しています。 また年に2回「看護を語る会」を催し、先輩看護師と看護を語り合うことで、自己の看護観を醸成することにも力を入れています。

2015年 新人看護師のあゆみ

出浦志帆(三重県立看護大学 卒業) 
患者さまからいただく言葉がやる気につながる
私が看護師を目指したのは、「人の役に立つ仕事に就きたい」と考えたのが理由でした。ここ亀山市は、私が生まれ育った街・・・ つづき>>>

谷本裕一(聖十字看護専門学校 卒業) 
看護師になって責任の重さとよろこびを実感
以前は別の仕事をしていた私ですが、地元に戻ることになり、手に職をつけようと考え看護師を目指しました。学生時代から・・・ つづき>>>

谷口洋子(名古屋医専看護学部 卒業) 
亀山市に貢献したいと考え看護師に
これまで亀山市で暮らし、子どもを3人育ててきました。子育をするなかで、市からも支援をいただくことも多かった私は、・・・つづき>>>

エキスパートの育成

キャリアアップへのチャレンジを支援

エキスパートを目指す人には、公費を使って学びが出来る準備をしています。たとえば患者さんへの看護の質を高めたいと望む学びの研修は、旅費や参加費を全額支給しています。 それ以外にも、看護部の活動に必要な資格取得に対しては出張扱いで受講していただき、受講費も支給しています。

認定看護師のあゆみ

加地ゆき  がん性疼痛看護 認定看護師
がんの患者さんに公平なケアを提供したかった
これまで私が持っていたがんの末期患者さんのイメージは、ベッド上で痛みに耐える様子が痛々しいというものでした。しかし知人が末期がんになり、 がんの拠点病院につづき>>>


糖尿病療養指導士のあゆみ

藤島愛・毛利裕子  看護師・糖尿病療養指導士
専門的な知識を持って市民の健康を護る
当院には、医師・糖尿病療養指導士(4名中2名は看護師)・薬剤師・検査技師・理学療法士・栄養士で形成された糖尿病チームがあります。私たちは このチームの一員としてつづき>>>


Copyright (C) 亀山市立医療センター. All Rights Reserved.