私たちのあゆみ
> > 糖尿病療養指導士のあゆみ
TOP

ナースのストーリー

今月のトピックス

私たちの病院

私たちの看護部

私たちのあゆみ

仲間をつくる

病院のページ

看護師募集

糖尿病療養指導士のあゆみ

藤島愛・毛利裕子  看護師・糖尿病療養指導士

専門的な知識を持って市民の健康を護る
当院には、医師・糖尿病療養指導士(4名中2名は看護師)・薬剤師・検査技師・理学療法士・栄養士で形成された糖尿病チームがあります。私たちはこのチームの一員として糖尿病の患者さんへの支援をしています。 糖尿病で来院される患者さんに対する私たちの仕事は、血糖コントロールの指導や相談を受けたり、フットケアを提供したりすること。また予防を目的に、2カ月に1度外来のロビーで糖尿病表室を開いたり、平日は病院に来にくい人を対象に地域に出向いて出前講座を行ったりしています。 私たちが糖尿病療養指導士をめざしたのは「何かを極めたい」という気持ちから。資格を取得した今は、専門的な知識を持って市民の健康を護っています。

「やればできる」の精神で
これまで忘れられない出来事は、知的障害があり、血糖コントロールがうまくいかずに足病変で入退院を繰り返していた方との出合いです。状態からいえばインスリンを導入することが必要だったのですが、自己管理が出来ないだろうという予測でご家族や病棟スタッフから反対の声が上がっていました。しかし「このままではいけない」と思った私たちは、知的レベルをアセスメントしてレベルに応じた方法で指導を計画したのです。 出来るところを認め「出来るよ」「出来る」「出来る」と繰り返しながら根気を持って指導にあたったところ、最終的には血糖の自己測定からインスリンの準備と実施まで、自分で出来るようになりました。そして今では血糖をコントロールすることが出来て入院することもなくなっています。「きっと無理」と判断せず「やってみないとわからない」という気持ちで看護をすることの大切さをこの患者さんは私たちに教えてくれました。

もっと予防に力を入れたい
外来には、糖尿病の発症に気が付かずそのままにして足のトラブルになり、検査をしたら糖尿病が重症化しているという方も多いのです。だから私たちの今後の目標は、外来に来られる患者さんをサポートして、私たちが兆候に気づいていけることをめざしたいと思っています。 また、地域に出向く出前講座は、当初は仕事をしていて病院に来られない人を対象にする予定でした。しかし実際の参加者は仕事を持たない高齢者が多く、働き盛りの人はほとんどいないのが現状です。働いている人は病院に行きにくく、放置して合併症を発症しやすいので、これからは企業に訪問して出前講座の周知をはかり、働く人たちの参加を促していきたいと思っています。

≪≪≪もどる


Copyright (C) 亀山市立医療センター. All Rights Reserved.