私たちの看護部
> > 看護師長のメッセージ
TOP

ナースのストーリー

今月のトピックス

私たちの病院

私たちの看護部

私たちのあゆみ

仲間をつくる

病院のページ

看護師募集

看護師長のメッセージ

看護師長 桜井エミ

自発的に自分たちにできることを探し、お互いを支える職場になってきたのが嬉しい
この1年で職場に大きな変化が出てきたと思います。それはスタッフが自発的に仕事を進めるようになり、とても楽しそうに仕事をするようになったことです。その転機は退院支援だと思います。当初はスタッフも退院支援のこと、ケアマネージャーさんとの連携などわからないことが多く、こちらでいろいろと段取りをしたりしていました。しかし、地域連携室と協力をして、実際に病棟の外に出て、患者さんのところに訪問し、生活を見るようになってから患者さんとの関わり方が変わって来ました。患者さんの生活を見ることにより、退院支援や指導がより具体的にイメージできるようになり、現実的な支援や指導ができるようになったからだと思います。もちろん、道筋を示すことから始めましたが、実際にやってみることで得るものが多かったのでしょう。今では自分の経験をもっと活かせないか、できることはもっとあるんじゃないかとスタッフ同士が支え合うようになりました。


地域医療部地域医療課長 小寺久美子

親しみやすく、頼ってもらえる、気軽に相談できる訪問看護ステーションにしていきたい
私の部署は訪問看護ステーションです。私は、4月1日に地域連携室からの移動でしたので、訪問看護は不慣れな状態であり、その上管理者として仕事をしていかなければならないのでここ1ヶ月半ほどは少し大変でした。職員は私を含め3名ですが、他のメンバーに支えてもらいながらチームで頑張っています。訪問看護の仕事は、これまで経験してきた病院内における看護とは違い、患者さん、私たちは利用者さんと呼んでいますが、利用者さんひとりひとりがそれぞれ異なる日常生活を持っていてその中に入って看護ができるのがこの仕事の魅力だと感じています。病院では短い時間の関わりの後、退院すれば日常的な人間関係は途絶えますが、訪問看護は長い期間に渡って、人間関係を築き、しかも一人に30分、60分としっかりとした時間を使い、関わることができるので、その人らしい生活を実感でき、その中でいかにして健康維持をしていくかを考えて喜んでもらえるので病院での看護とは違うやりがいを感じています。もちろん主治医の指示のもとというのが前提ですが、生活環境が皆さん違うので、それを踏まえた創意工夫ができるのは看護師にとっての一番の魅力ではないでしょうか。私はこのステーションを利用者さんはもとより、そのご家族、地域のケアマネージャーさん、医療や福祉の専門職の方々、広くは地域住民の皆さんにとって「親しみやすく、頼ってもらえるステーション」にしていきたいと考えています。そのためには気軽に相談できるということをもっと地域に知ってもらえるようにしていきたいと思います。

看護師長 水谷淑子

病院の看護師と地域の看護師が交流できる機会の創出が地域連携室の大切な役割
私の部署は院内の各病棟と地域の医療機関の連携を主に担当しています。具体的には、患者さんの医療機関への受診・入院、また医療機関からの退院・転院がスムーズにできるようにするために、院内連携のみならず、医療機関、介護施設をはじめとして、行政や福祉に関わる多くの施設を繋ぐ役割を担っています。私は、訪問看護に関わってきた経験から、患者さんが病院という限られた場所で生活するのではなく、本来いる場所で生活できることが大切であると実感しています。患者さんのご自宅に伺うと、これまで病院では気づかなかった看護の視点を持つことができます。患者さんの生活の場での看護は、私たち看護師のコミュニケーションの拡がりが違います。病院では知ることができない様々な話題がそこにあるからです。病院ではなかなか見ることができない患者さんの表情に嬉しく感じます。一方で病院でしかできない看護の役割も明確になります。これらの経験より、入退院支援を視野に入れた看護の提供にも注力していきたいと思っています。地域包括ケアの一端を担う病院の連携室としては、病院の看護師と地域の看護師が交流できる機会の創出も大切な役割と思っています。病院の看護師には地域や患者さんの日常生活をもっと知る機会を、地域の看護師さんには病院における看護にハードルを感じずに接してもらえる環境つくりをしていきたいと思っております。


訪問看護ステーション所長 山中宏美

「医療センターの訪問看護に任せたい」と信頼と親しみを感じてもらえるステーションを目指したい
私の担当は訪問看護ステーションです。管理者として仕事をするのは初めてですし、経験のない訪問看護の仕事なので、まずは訪問看護の仕事を理解することから始めました。訪問看護は利用者さんの自宅、つまり生活の場にお伺いします。その際に、入院時に退院指導したことが指導通りになされていないことにも何度か遭遇しました。家族やケアマネジャーから生活状況をヒアリングしたうえで退院指導しますが、病棟の看護師も限られた情報の中で退院指導をするので限界があることが良くわかりました。生活状況に合わせた看護を実践するという意味では訪問看護の存在価値は大きいですし、訪問看護師と病棟看護師との情報共有が患者さん・利用者さんの生活を向上させるものだと思います。同じ病院の中に訪問看護ステーションがあるメリットを最大限に活かして「医療センターの訪問看護に任せたい」と信頼と親しみを感じてもらえるステーションを目指したいと思います。当ステーションのスタッフは、利用者さんを尊重し、家族にも優しく、介護状況を理解したうえでサービス提供をしているので、私自身もそういう思いにリスペクトしながら、管理者として貢献していきたいと思います。


看護師長 則武八重子

常に患者さん目線で考え、意思を尊重し、心地よい入院生活を送ってもらいたい
私は地域包括ケア病棟を担当しています。患者さんは退院後、自宅に戻られる、あるいは施設に移られるので、患者さんの望みを前提にしたサービスの調整をする際に、ご家族は当然のこと、当院の地域連携室、ケアマネジャーさんや施設の職員の方たちとの連携が大切になってきます。私が、管理者として大切にしていきたいのは、スタッフの想いを尊重することで、前任の師長が培ってきた土台を引き継いで、さらに良くなるように繋いでいくことです。私たちの部署のスタッフは、常に患者さん目線で考え、意思を尊重し、心地よい入院生活を送ってもらいたいという気持ちで日々の看護をしています。自宅に戻ると、家族の支援が必要となり、例えば、高齢のご夫婦の場合、どちらかが介護をしなければならないというケースが多々あるので、介護をする家族の想いも理解して、退院支援や指導に取り組むようにしています。幸いにして、ベテランのスタッフが多い職場なので、患者さんにとっては心強いと思います。今後は、事例検討などを通じて、ケアの水準を向上させられるように、スタッフ全員で取り組んでいきたいと思います。




≪≪≪もどる

Copyright (C) 亀山市立医療センター. All Rights Reserved.