タグ別アーカイブ: 山中宏美

看護管理者として、スタッフの考えや人柄を理解し、悩みや愚痴も聞ける存在になりたい

私は人に関わる仕事がしたいと思い看護師になりました。母が看護師でしたが、子どもの頃は母が仕事で家にいないことが多かったので、自分は看護師になろうとは思っていませんでした。しかし、人との関わりの中で役に立つことができるイメージがある看護師という職業がいつのまにか自分の選択肢となっていました。実際に、看護学校に進学してからも、実習の機会に患者さんと接することがとても楽しく感じたので、自分の選択は正しかったと思いました。最近、副看護師長となりスタッフのマネジメントをするようになりました。昇格と同時に部署を異動しましたので、気負わずにおこうと思いながらも、これまでとは担当領域も違うので緊張もありましたが、まずは仕事を理解し、スタッフの考えや人柄を理解することから始めました。幸いに、委員会で一緒だったメンバーもおり、初対面の人ばかりではなかったので大いに助けられています。


安心・安全に治療ができ、末期の人の痛みや苦痛が取れる方法をみんなで考えていきたい

私が管理者として大事に思っていることは、安心・安全に治療ができる環境づくりです。そして、末期の人との関わりの中で、痛みや苦痛が取れる方法を考えることです。それには、家族との関わり方も大切になってきます。これらを実践していくために、スタッフの仕事に関心を持ち、彼らの看護観を尊重することを心掛けています。特にベテランの看護師は経験も豊かなので、様々な課題について私が指示をするというよりは、むしろ相談するようにしています。そのことで解決策の選択肢も増えるからです。一方、若い人たちは経験も浅いので、指導の必要もありますし、親や姉のような目線で接するようにしています。ただ、彼らの視点や考え方を私が学ばせてもらうことも多々あります。一人ひとりは、経験年数も違えば、経験してきた内容も違います。個性も違えば、考え方も違います。しかし、患者さんに良くなってもらおうという気持ちを持って日々取り組んでいるのは同じです。私は、それぞれのスタッフに関心を持ち、共感し、困っていたら寄り添っていくことを心掛けていきたいと思います。


「命をつなぐ」という視点から「希望をつなぐ」という視点で、仲間と一緒に看護の質を向上させたい

私は今、地域包括ケア病棟に所属していますが、ここにいる仲間と一緒に看護の質の向上を意識し続ける職場にしたいと思っています。一つは退院調整がこれまで以上にうまくいくようにしていきたいということ、もう一つは、退院後、自宅・施設で安心して生活ができるサポートを充実させることです。私自身は、長らく急性期病棟で働いていたので、「病気を治す」ということに比重を掛けていたように思います。もちろん、「病気を治す」という使命があるので、何ら間違いではないのですが、この病棟に異動になり「生活ができる」という観点が必要だと思いました。私は、これまで退院していく患者さんのその後の生活にまで考えを及んでいなかったことをここにいる仲間に気づかされました。研修に参加して退院調整やACP(アドバンスド・ケア・プランニング)の勉強をする機会を得ましたが、「命をつなぐ」という視点から「希望をつなぐ」という視点で患者さんやその家族と向き合い、残りの人生をどう生きていくのかという観点に立ってみんなでケアをしていく職場にしていきたいと思っています。