看護師は子どものころから憧れていた職業


story1601看護師は幼いときからの憧れで、幼稚園のころに将来の夢を問われると「看護師になりたい」と答えていました。
看護学校を卒業後に当院へ就職し、手術室に配属された私は、長年にわたり手術室の看護に携わりました。手術というのは、私たちにとって毎日の事ですが、患者さまは一大決心をして嫌だと思いながら来られるのだということを常に意識して、入室時には温かい対応を心掛けてきました。そして、状況を判断して予測しながら対応することで、安全に、スピーディーに手術が進んだときには、それがやりがいに変わっていきました。
そして最近、病棟に勤務異動になったので、今は環境の変化に戸惑っている状態です。手術室の勤務は、外来や検査室での業務も兼ねていたので、それらの経験を活かして、患者さまに安心していただけるような説明をしていこうと思っています。

患者さまには安心感を提供したい

看護師をしていて嬉しいと感じるのは、こちらは覚えていなくても、患者さまの方が覚えてくださっているときです。特に手術室は、患者さまには目しか見えていないのですが、外来で「手術の時にお世話になった看護師さんですね」と声をかけられることがあり、感激するとともに、よく見ておられるのだと思い、気を引き締めて看護にあたらなければいけないことを実感します。
また入院中というのは、苦痛を伴う検査も多いのですが、検査を受けた方に「安心して受けられた」と言っていただくのも看護をしていて嬉しい時。そんな言葉をいただける援助をこれからも心掛けていこうと思っています。

いつも謙虚に優しい気持ちで

病棟勤務になって、患者さまと接する時間が増えたのは嬉しいことだと感じています。基本的に患者さまと接することが好きなので、密にかかわって話をするなかで、少しでも楽しい時間をつくれるような雰囲気づくりをしていきたいと考えています。
病院ではどうしても、患者さまに、こちらの都合を押し付けてしまう場面もあるのですが、指示的な対応ではなく、いつも謙虚に優しい気持ちで接することを忘れずにいたいですね。短気な性格なので、気を長く持つようにと自分に言い聞かせて、優しくかかわるのがこれからの目標です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です