患者さんの安全を、陰ながらサポートしています!


全くの未経験から、看護助手の仕事に

sogasamaこの病院に看護助手として就職して、もう15年以上 になります。元々亀山市役所の事務職員をしていた私が、病院で働くことになるとは夢にも思いませんでしたが、市役所の仕事を退職した後、お世話になっていた上司から市民病院での看護助手の仕事を紹介されたことを機に「一度挑戦してみようかな?」と思い、応募しました。入職当初から中央材料室への配属は決まっていましたが、医療に関する知識が全くなかった私には、一体どんな仕事をするのか、イメージしにくかったことをよく覚えています。あの時、持ち前のチャレンジ精神で、未経験の分野に一歩踏み出すことに決めてよかったです。

スキルアップを目指して、滅菌技師の資格を取得

中央材料室で仕事をしているうちに、滅菌に関することだけではなく〝医療機器安全〟や〝感染〟など、様々な事柄に興味を持つようになっていきました。そんな中、日本医療機器学会が開催している勉強会に参加し、滅菌技師という資格を初めて知りました。滅菌技師には第一種と第二種があります。まず第二種の資格を取るための講座を受講し、試験を受けました。その後次のステップとして、必要な講座を受講し、認定申請することで、第一種滅菌技師の認定を受けました。資格取得という目的だけではなく、日頃仕事としてやっていることを振り返り、裏付けとなる根拠が理解できたので、勉強すること自体に大きな意味があったと思います。現在、中央材料室には私を含めて2名の看護助手が在籍しています。今でも学会主催の勉強会に参加し、最新の情報を取り入れ、スタッフ間で知識や情報を共有できるように努めています。

滅菌技師は、医療現場の〝縁の下の力持ち〟

中央材料室で働く看護助手は、直接患者さんと接する機会がほとんどありません。私たちの仕事は病棟や外来、オペ室で使用した器材を回収・洗浄するほか、各部署から請求された器材やディスポーザブル製品の払い出しが中心になるので、まさに病院という舞台を支える〝黒子的〟な役割を担っています。それでも、医療現場での患者さんの安全向上に携わっていることには変わりないので、常に仕事中には患者さんのことを思う気持ちを忘れないように心がけています。器材を取り扱う際には、「もし自分がこの器材を使われるとしたら、安心できるかな?」「滞りなく器材や物品を払い出すことで、処置や手術が安全に進行してほしいな」という思いを胸に、誇りを持って裏方業務に徹しています。また、長年同じ部署で働いて来たこともあり、オーダリング導入や院内の物流システム変更など大掛かりな業務改善にも関わることができ、とても良い経験をさせていただいたな、と感謝しています。忙しく、大変なこともありますが、出来る限り長くこの仕事を続けていくことが今後の最大の私の目標です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です