公立の病院のスタッフとして、地域や住民に役立ちたいという責任感を持って仕事をしたい

以前、私は、ホームヘルパーとして利用者さんと関わっていましたが、病院での仕事は看護師を初めとして多職種の人たちとともに患者さんに関わることができるのが魅力です。例えば、患者さんの訴えをお掃除担当の方が聞かれ、私たち看護補助者に伝えていただく時も度々あります。私たちにできること、看護師にお願いすることなど様々ですが、複数の者が患者さんに接することで、スムーズに解決できることが在宅では味わえない点だと思います。また、同僚たちとはとてもフレンドリーな間柄で、お互い助け合える仲間だと感じています。上司や看護師には困ったことやわからないことは聞きやすいので学ぶことも多いです。そんな中で、患者さんの入浴や保清、環境整備などについての仕事をしていますが、患者さんが喜んで下さると、本当に嬉しい気持ちになり、大きなやりがいを感じます。私は、患者さんへの声掛けで少しでも不安な気持ちが和らぐように心がけています。私たちは公立の病院のスタッフなので、地域や住民の皆さんに役立ちたいという意識で仕事に取り組んでいます。そういう意味では、とても責任を感じています。この病院で働いてよかったと思うことは、介護に必要な医療の知識などを習得する機会があり、様々な観点から勉強できることです。また、有給休暇や夏季休暇などについてパートで働く私たちにも保障されており、労働条件がいいのは有り難いです。今後は、これまで以上に患者さんに寄り添えるように仕事をしていきたいと思います。